イメージ画像

寝具(布団)の特性を理解して、冬の寒さを上手に防ぎましょう!

暖かな布団環境が冬の安眠をもたらしてくれるものです。

  1. 身体を癒す敷布団・マットレス
  2. ※体に良い敷布団【機能性】※体が痛くならない敷布団とは!?
  3. 冬の寒さを防ぐ、暖かな布団環境

冬の寒さを防いで、暖かく・心地よく寝るための寝具(掛布団・敷布団)環境を整えましょう。

暖かな布団

晩秋・冬・初春の季節、安眠を得る上で「寒さを防ぐこと」「暖かな寝具環境を作ること」がとても重要な要素と なります。寒さに強い人はまだしも、冷え性の方など、寒さに弱い方、冷えを感じやすい方は特に、寒さを感じる 季節となると睡眠不足を感じたり、眠りが浅くなってしまう・・・そんな症状を感じやすいことに。

そこで重要となるのが、「寒さを防ぎ、暖かさを得るための寝具環境作り」です。日本の住宅環境においては、 マンションと比較しても特に戸建住宅では、夜の寒さの影響を受けやすくなるもの。寒さを防ぐための寝室環境 を整えることに加えて、暖かな寝具環境を創出することが大切なポイントとなります。

近年、寝具の特性・機能性が多様化しています。そんな中、案外寝具(敷布団、掛布団など)に関する知識不足と いいますか、寝具の特性をしっかり理解することなく、活用してしまっているという方も少なくないようなんですね。

中には、「寝具に対する誤った使い方(誤解)」などを有してしまっているケースもあるようです。そこで、ここでは 冬の寒さを上手に防いで、暖かな布団環境を創出するための各種情報・要素(寝具の使い方、選び方など)を ご紹介したいと思います。

冷え性の体質改善

自宅で「冷え性の体質改善」をしてみませんか?!

底冷えのする冬の寒さ。”冷え性”の方にとっては、「暖房・湯たんぽ」「一般寝具」だけでは、寒さを防ぎきれないものですよね。そんな方に朗報が!自宅で本質的な”冷え性の体質改善”をしてみませんか?!

布団内の熱(暖かさ)は、敷布団から逃げていくもの!熱を逃がしにくい敷布団選びが重要に。

布団環境に関して、案外多くの方が誤解をしているといいますか、間違った印象を有しているのが「睡眠中の熱(体温) 発散ルート」に関する要素です。大半の人は、体の上面から熱が奪われていく(発散されていく)と感じる傾向が あるようで、掛布団に加えて、毛布を掛けたりする人も見かけます。もちろん、「寒さを感じないようにするため」に 掛布団は重要な要素となるわけですが・・。実は、熱(体温)の約70%程度が敷布団から逃げていく(発散されていく) ことが、研究によって明らかとなっているのです。

そう、暖かく寝るため(体温を保つ)には、敷布団の断熱性能が最重要な要素となるのです。熱を逃がしにくい敷布団 を使用することが、必須な要素であり、この要素が満たされていない状況で、いくら掛布団を重ね掛けしても、意味が 無いということなんですね。

結局、寒さを感じにくい、敷布団は何なのか??が 大切なポイントとなるわけですが。結論から言うと、”網目繊維構造の敷布団めマットレス”は、寒いと感じる方 が多いもの。

ゆえに、暖かさを感じやすいのは、「床からの冷気を遮断(断熱)してくれる、高反発ウレタンフォーム仕様の 敷布団・マットレス」となります。 その仕組みに関して、知りたい方は、こちらの記事冷え性の方に適した高反発マットレスは何?冬季節のための敷布団・マットレスの比較。をご参考にしていだたければと思います。

”床からの冷気”を遮断してくれる高反発マットレス&敷布団は、こちらの記事高反発マットレス「モットン」に記載しております。詳細をご参照いただければと思います。

熱を保持するのに最も効果的な要素となるのが「空気層」。高密度素材よりも、細かな空気層を多く含んだ素材が有効。

網目繊維構造素材

暖かさを確保するためには、「断熱性」「保温性」という機能が大切な要素 となります。素材的には断熱性も保温性も有しているものが最善となるわけですね。ただ、中には、断熱性は有している ものの、保温性に富んでいるわけではないという素材もあります。ゆえに、断熱性が高ければ保温性もあるという わけではないことは、認識しておいていただければと思います。

具体的に、近年敷布団に使用されている素材の中で、「断熱性&保温性」を有しているのが 『ウレタンフォーム』及び『網目繊維構造素材』です。ウレタンフォーム素材は、住宅の短熱材として多々活用されている 素材。特に断熱性においては、高い機能を有しています。機能性敷布団・マットレスに活用されて いる「高反発ウレタン素材」「低反発ウレタン素材」は、断熱性に富んだ素材となります。

網目繊維構造素材と呼ばれているものは、各布団マットレス開発企業が、それぞれ独自で活溌しています。 主に「ポリエステル」などの化学素材を活用して、網目繊維構造を創出しています。網目繊維構造素材の 最大の特徴が「豊富な空気層を有している」ということ。基本的「魔法瓶」にも使われているように、 最も効率的に熱を保持できるのが「空気層」なんですね。「ウレタンフォーム」という素材は、ウレタンを 発砲させることにより作られるもの。泡状の空気を含んでいる素材です。ゆえに、保温性を有している わけですが、空気層の量を考えると「網目繊維構造素材」のほうが「ウレタンフォーム素材」よりも、 多くの空気を有しています。ゆえに、保温力は網目繊維構造のほうが高いと言えるんですね。ただ、 断熱性においては、ウレタンフォーム素材の方が優位ですので、この違いをどのように考えるかが、 敷布団選びのポイントとなるものと思っています。

「ウレタンフォーム素材」及び「網目繊維構造素材」それぞれのメリット・デメリット。

少し正確性に欠けた表現となるかもしれませんが、敷布団選びの判断基準をわかりやすくするために、あえて、 簡単な表現で「ウレタンフォーム素材」及び「網目繊維構造素材」それぞれのメリット・デメリットに関して 記してみたいと思います。

先に記したように、相対的な素材特性としては、ウレタンフォーム素材が「高い断熱性」「空気層は少ない」 「通気性が低い」。 網目繊維構造素材が「高い保温力(空気層が多い)」「断熱性が劣る」「通気性が高い」。となります。 わりと相反する特性を有していることがわかるかと思います。この特性が具体的にどのような影響を与えることになるのかを 記すると下記のようになります。

**ウレタンフォーム素材仕様の敷布団の特徴**
寝室の温度環境が秋・冬の季節に寒さ(低気温)を感じやすい寝室環境となるときには、高い断熱性を有する ウレタンフォーム仕様の敷布団が効果的となります。反面、高い断熱性及び通気性の低さは、春・夏の温湿度環境 (暑く、高湿度)において、布団内部の暑苦しさ&高湿度感を感じさせることに。ゆえに、「秋・冬専用の敷布団」 と考えるか、もしくは「夏はエアコンを積極利用した寝室環境を保持。冬の寒さ対策を重視するときの敷布団」 として、ウレタンフォーム仕様の敷布団が効果的となります。また、ウレタンフォーム素材は、ヘタレが促進して くると「空気層が極端に減少」することになるため、保温力がかなり低下することになります。原則使用期間5・6年 を目安に敷布団の買い替え(交換)をするものと考えておいていただければと思います。

**網目繊維構造素材仕様の敷布団の特徴**
秋・冬の季節、住宅の断熱性能がしっかり整っている環境下(寝室環境)では、断熱性よりも、保温性が重要な 要素となります。冬の季節に、それほど極端に低気温とはならない寝室環境(断熱性の高い住宅)であれば、 高い保温性を有している網目繊維構造素材仕様の敷布団が効果的となります。室内からの冷気を防ぐ重要性が 低くなるので、布団内部の保温力が高いほうが、暖かく寝ることが出来るからです。 また、春・夏の季節においては、高い通気性が心地よさをもたらしてくれます。睡眠中に体から発散される 水分(汗の蒸発)を布団内に滞らせることなく、放出してくれますので、夏の暑さ・湿度に対処できる敷布団と なります。また、ヘタレによる、保温性の低下はほとんどありません。(空気層が多いため)

通気性を高めた特殊高反発ウレタンフォーム仕様の機能性マットレス「モットン」

モットン

断熱性重視のウレタンフォーム素材仕様の敷布団として、最もおすすめなのが、こちらの高反発ウレタンフォーム仕様の 機能性マットレス「モットン」です。おすすめのポイントとなるのが、まず寝返りを補助してくれる「高反発力」という 機能性を有していること。安眠を得るために欠かせない機能とも言えます。さらに、一般的なウレタンフォーム素材と 比較して、「空気層」を多く確保した特殊ウレタンフォーム素材を使用しているということ。 これは、ウレタンフォーム素材のデメリットとなる「通気性の低さ」を少しでも解消してくれるとともに、「保温性」 を高める要素となっています。

【素材】高反発ウレタンフォーム(高発砲構造)
【厚み】10cm 【サイズ】シングル・セミダブル・ダブル

詳細・購入はこちら。(公式SHOP)

独自に開発した網目繊維素材の機能性敷布団「雲のやすらぎ」!

雲のやすらぎ

アルファマット(ホリエステル)と名付けられた、独自開発の網目繊維構造素材を活用している機能性敷布団 が「雲のやすらぎ」です。日本人のために(日本で生活する人)と日本寝具メーカーが研究・開発した寝具 で、安眠を得るための敷布団として近年人気を高めています。四季のある日本の生活環境を考慮して、 「春・夏用の敷布団面」と「秋・冬用の敷布団面」のリバーシブル利用が出来るのが大きな特徴となっています。 秋・冬用の敷布団面には、羊毛層が使われており、布団内の暖かさを感じやすくしているのが魅力のポイントに。

【素材】アルファマット、スプリングマット、羊毛
【厚み】17cm

商品の詳細はこちら。(公式SHOP)

高い通気性のエアウィーヴ素材を活用した「エアウィーヴ 昭和西川 オリジナル四季布団」!

エアウィーヴ

高反発上敷マットレスの人気の火付け役ともなったのが浅田真央さんのCMで有名な「エアウィーヴ」です。 そんなエアウィーヴのラインナップとして加わったのがこちらの「エアウィーヴ 昭和西川 オリジナル四季布団」。 日本の寝具メーカー昭和西川とのタイアップにて開発された畳やフローリング床に直接敷いて活用する敷布団タイプ の商品です。機能的に前項の「雲のやすらぎ」と比較して敷布団の厚みが少ないことから、保温性は少し劣る ものと考えられます。敷布団としてのフォルム(形)が整っており、布団の上げ下げのしやすさがあります。 ただ「雲のやすらぎ」が4万円~6万円程度で購入できるのに対して、「四季布団」は 倍の約12万円程度の価格に。機能性と価格のバランスを考えると、雲のやすらぎの方が優位なのではというのが 正直な感想です。

【素材】エアウィーヴ素材(網目繊維構造)
【厚み】7.5cm 【サイズ】シングル・ダブル

商品の詳細・購入はこちら。(公式SHOP)

意外と知らない・・毛布の正しい使い方!。

冬の寒い季節になると、恋しくなる寝具のひとつが「毛布」です。毛布という寝具は、空気層はあまり有しておらず 、熱の遮断(断熱)を目的に使用するものなんですよね。そのことを知ってか知らずか・・案外毛布の正しい使い方 を知らない人も多いように感じています。 貴方は、寒い冬に「毛布を上掛けして使用していませんか?」。掛布団の内側に、内掛けとして毛布を使用している 貴方は、間違った毛布の使い方をしています。

先に記したように毛布は「断熱」をするための寝具。ですから、正しくは、体の熱の逃げ道となっている背中側(敷布団側) を断熱するために使用するのが有効なのです。そう、敷布団の上に毛布を敷いて使うのが効果的な利用方法なんですね。 そうすることで、敷布団から体の熱が奪われていくのを防ぐわけです。ちなみに、内掛けとして毛布を利用してしまうと、 掛布団(特に羽毛掛布団)の保温性を活かせなくなってしまうのです。特にせっかく羽毛掛布団を使っているのに、 その中に毛布を掛けていたら・・羽毛掛布団の機能が台無しに。冬の夜、暖かく寝るために毛布は正しく活用しましょうね。

冬の季節。寒さによる中途覚醒などを起こさないための「睡眠時の防寒対策」!

近年の住宅(戸建・マンション)は、断熱性能が格段にUP。昔の住宅と比較すると、冬の寒さの室内への影響 は少なくなっています。とはいえ、冬の季節となると、寒さによって、熟睡が妨げられてしまうという人も まだまだ多く存在しているのが実情です。手足の冷え性など、身体的な問題を抱えている方も少なくありません からね。 ”寒さ”によって、引き起こされる課題となるのが「入眠不良」と「中途覚醒」という要素。いずれも、 深く良質な睡眠を得ることが出来ずに、心身の疲労感が日々蓄積してしまうこととなります。

そんな睡眠障害を引き起こす”寒さ”には、「3つのポイント」が存在しています。ひとつが「床側(背中面) から、冷気(寒さ)を感じてしまう」こと。二つ目が「足先の冷え性に伴う寒さ感」。三つ目が 「肩周りに冷気を感じることによる寒さ感」です。ここでは、これら3要素に対する、具体的な対策となりうる 商品情報をご紹介したいと思います。

背中側(床面側)から感じる冷気対策:キャメルハイパイル敷きパット!

冬の寒さ対策

既存の敷布団の上に敷くだけで、背面の暖かさが格段にUP。冬の寒さ対策として大人気の「キャメルハイパイル敷きパット」です。 寝具にとって、重要な吸湿性・保温性・回復性を有する天然素材の中で、保温性に長けているのが「キャメル綿」。

こちらのキャメル綿は新疆地区・内モンゴル・モンゴル共和国に生息するふたこぶラクダをから採取。 ケケン試験認証センター (旧:財団法人毛製品検査協会)の検査を受けた安心安全な素材を厳選したキャメル綿 のみを使用、日本で丁寧に加工・創出された敷きパットとなっています。

本物志向の天然素材仕様の商品。通常であれば、定価54,000円なのですが、こちら株式会社山繊では、 アウトレット商品として、半額以下の¥21,981円にて販売されています。アウトレット商品といっても、もちろん 新品ですので、機能性など通常品と変わりありません。しかも、「送料無料」での価格というのも、大きな 魅力となりそうです。

*価格:¥21,981円(定価 54,000円) *税込・送料無料
*サイズ・色:ブラウン × シングル(105×210cm)
*素材:表側パイル:キャメル 100% グランド:ポリエステル 100% 裏側:ポリエステル 65% 綿 35% 詰め物:ウール 100%


キャメルハイパイル敷きパットの詳細・購入はこちら。(公式SHOP)

足先の冷え性による寒さ対策:足あったかおやすみパッド!

冬の寒さ対策

女性に多いのが冷え性による足先の冷え感を感じること。足先が寒いとなかなか寝付けない(入眠障害) ことから、靴下を何枚も重ね履きしている人も少なくないようです。ただ、靴下を重ね履きして、就寝する のは、本来あまり好ましくないことなんですよね。発汗や身体内部の熱交換が上手く機能できなくなってしまう からです。結果的に、靴下の重ね履きは、良質な睡眠を妨げる要素となってしまう可能性もあるんですよね。

とはいえ、冷え性の方にとっては、足先の冷え感の対策はとても重要な要素となるものです。 そんな方から、高い支持を得ているのが、こちらの「足あったかおやすみパッド」。 敷布団の脚側にこのパットを装着。裸足のまま、パッド内に足を入れる形で就寝するだけで、 足元の暖かさを感じることが出来るのです。湯たんぽの低温火傷などのデメリットを避けたい方には、最適な 寝具アイテムとなるのではないでしょうか。

表地にはKBセーレン株式会社の蓄熱保温素材「フィールサーモ」。中材には特殊カーボン入りの保温性の高い芯材、古河電工の「フォムエースサーモ」を使用。フィールサーモは発熱効果・蓄熱効果を兼ね備えた赤外線吸収フィラメントを使用したポリエステル素材です。

芯部に赤外線を吸収する特殊ポリマーが練り込まれており、赤外線吸収&その発熱効果と蓄熱効果で衣服内温度の上昇を促進する防寒機能素材となっています。

*価格:¥3,749円(定価 7,344円) *税込・送料無料
*サイズ・色:100×60cm 足入れパット×1枚
*素材:ポリエステル 100%(フィールサーモ) 中材:ポリエチレンフォーム 100%(カーボン入り)(フォームエースサーモ) 裏地:ポリエステル 65% 綿 35%  表生地:フィールサーモ(蓄熱保温素材)


足あったかおやすみパッドの詳細・購入はこちら。(公式SHOP)

肩周りの冷気対策:メリノウール肩当てベスト!

冬の寒さ対策

冬の季節、中途覚醒を引き起こしてしまう、大きな要因のひとつが、「肩周りから感じる冷気による寒さ感」です。 基本的に、「厚着」をして就寝することは、安眠を妨げる要素となりますので、パジャマなど睡眠に適した素材 ・仕様の寝間着を着用するのが望ましいものとなります。ここで問題となるのが、冬の季節、掛布団に覆われている 身体部位は、暖かさをキープできますが、睡眠中に案外露出してしまいやすいのが、肩から胸上部なんですよね。

住宅の断熱性能が高まったとはいえ、冬の時期には、「窓」や「給気口」から冷気が流れてきます。 そんな冷気を敏感に感じてしまうのが、「首・肩・胸周り」となるわけです。首・肩周りに冷気が到達すると、 思いのほか寒さを強く感じてしまうもの。この寒さ感によって、睡眠が妨げられ中途覚醒に繋がってしまうこと があるのです。

そんな、肩周りの冷え対策として、効果的なのがこちらの「メリノウール肩当てベスト」。首・肩・胸周りだけ を保護する形態となっており、厚着による悪影響などを生じさせることはありません。 羊毛の代名詞とされるメリノウールは、文字通り最高の品質を誇るウール素材。弾力性に優れ、 糸にしやすく、抜けにくい性質を持っています。細く繊維長があり、糸にしたとき均質で毛羽立ちが少なく、 素肌に着用してもまったくチクチクしないのが特徴となっています。

*価格:¥5,045円(定価 10,584円) *税込・送料無料
*サイズ・色:パールピンク × フリーサイズ(前身頃45cm後身頃55cm肩幅60cm)脇ゴム
*素材:表地:ポリエステル 100% 裏地:パイル部分 毛 100% 基布 ポリエステル 100%


メリノウール肩当てベストの詳細・購入はこちら。(公式SHOP)

敷布団・マットレスCONTENTS!(関連記事)

※体に良い敷布団【機能性】※体が痛くならない敷布団とは!?
高反発機能のある敷布団(マットレス)情報
体圧力分散機能のある敷布団(マットレス)情報
課題の多い低反発マットレス!「低反発ウレタンの特性」
厚みのある敷布団を選ぶことのメリット
夏夜に適した敷布団!湿気と熱を篭らせにくい敷布団選び
敷布団サイズ(シングル、ダブル)で比較!人気の高反発敷布団・マットレス
※おすすめマットレス※フローリング床置きに適した高反発仕様!
冬の寒い季節に暖かく寝るための布団の使い方・選び方!
案外知られていない、「布団たたき」の正しい使い方とは?!
貴方はどちらを選ぶ?!「ベッド」と「敷布団」のメリット・デメリット
安眠を得るためにおすすめの「セミダブル」サイズの敷布団・マットレス!
通気性に優れた機能性敷布団!蒸し暑さを解消&心地よい眠りを。
腰痛対策&安眠を得る上で大切な「硬さ感」!心地よく感じるマットレス・敷布団の硬さを選びましょう!
フローリング直敷き用マットレスを使わないからカビが発生するんです!