睡眠時&起床時に感じる肩の痛みを「寝具」で改善。

不適切な寝具利用による、肩・首・背中の筋肉疲労。!

  1. 身体を癒す敷布団・マットレス
  2. 睡眠中に背中が痛い!睡眠時の「腰痛・背中痛」と「寝具」との関係。
  3. 睡眠中&起床時に感じる肩の痛み!肩痛を軽減する「敷布団」「枕」

睡眠時に「肩痛」を招く要因!「巻き肩姿勢」。横向き寝姿勢による弊害のひとつ。

睡眠時の肩の痛み

睡眠中&朝目覚めたときに、「肩が痛い」と感じるのは、『睡眠姿勢』に課題が存在しているものです。

基本的に、『寝返りをしにくい敷布団・枕』を使用している方は、睡眠中に肩周辺の筋肉緊張が継続することで筋肉疲労 及び肩周辺の血行不全を発症。その結果、肩の痛みを感じることが多くなります。

いわゆる「肩こり」という症状も、肩周辺(首から肩甲骨周辺)の筋肉が血行不全となることによって、「筋肉の硬直」を生じている状態。 仕組みとしては「肩の痛み」と同じ症状なんですね。

ですから、睡眠時の「肩痛」「肩こり」を軽減させるためには、肩周辺の筋肉緊張を生じさせない寝姿勢(適切な寝返り回数を確保できる寝具の活用)をつくることが一番の対策となります。

もうひとつ、注意しておきたいのが「生活習慣」の問題です。

「パソコンの利用時間が長かったり」「間違った”横向き寝姿勢”を継続している」人に、『肩関節の歪み』多くなっています。 特に、問題となる肩関節の歪み症状のひとつが「巻き肩」と呼ばれるものです。

鏡の前に立って身体の力を抜いて自然に立ってみた時、両手が身体の横側ではなく身体の前側にくる方は「巻き肩」です。 巻き肩とは、肩関節が内旋(内側に巻き込まれている)している体の歪み症状です。

そんな「巻き肩」を生じてしまう一番の要因が、「間違った横向き寝姿勢」です。

「正しい横向き寝姿勢」であれば、まったく問題はないのですが、不適切な横向き寝姿勢となっていると、「巻き肩」を増長して しまうことに。

その結果、「肩の痛み」「肩こり」を感じる他、「手のシビレ」を感じることもあるのです。


★☆彡肩痛・肩こりをもたらす現代病。「VDT症候群(IT眼症)」をご存じですか?!★☆彡

近年、「肩痛・肩こり・頭痛」などを引き起こす要因は多様化しています。そんな身体的症状を引き起こす要因 として、近年主力となりつつあるのが、「パソコン・スマホ利用」であり、それにより引き起こされる症状が 「VDT症候群(IT眼症)」と呼ばれています。

肩痛・肩こり・頭痛に悩まされている方は、ぜひ、こちら 見逃せない肩こり・肩痛・頭痛の要因!パソコン・スマホによる「VDT症候群(IT眼症)」もご参照いただければと思います。

正しい横向き寝姿勢を作るための「枕」。肩痛・肩こりを軽減する横向き寝姿勢用枕の活用。

正しい横向き寝姿勢

鏡で自分の立ち姿を確認してみてください。その結果「巻き肩」傾向が感じられるようなら、「間違った横向き寝姿勢」をしている可能性 が高いかと。

睡眠時・起床時の「肩の痛み」「肩こり」を解消・軽減するたの一番の対策となるのが、『寝姿勢の改善』です。

”正しい横向き寝姿勢”を確保できるようにすることによって、早期に睡眠時・起床時の「肩痛」「肩こり」の改善 が期待できます。

そのために最も効果的な対策となるのが、「横向き寝姿勢専用の枕」を使用することです。

上記写真をご覧ください。

横向き寝姿勢用に研究・開発された専用枕「YOKONE」を利用した寝姿勢の写真です。

通常の枕だと、横向き寝姿勢に対して、「高さが不足」。その結果、下向きになった側の”肩”が押しつぶされる形と なってしまいます。

また、下側の腕の「置き位置」も不安定となり、結果として、腕が圧迫されることに。

これが、「巻き肩」を促してしまうとともに、「肩周辺の筋肉」「腕」を圧迫&結構阻害を招いて、肩痛・肩こりを誘発してしまうのです。

しかし、上記写真にあるように、横向き寝姿勢専用枕(YOKONE)を使用すると、「肩の圧迫は無く」「腕の置く位置も安定」することに。

その結果、睡眠時&起床時の肩痛・肩こりが軽減・解消に繋がります。

人によっては、使い始めてすぐに、効果が感じられるかと。「巻き肩」「横向き寝姿勢」の方は、ぜひ、ご活用してみていただければと 思います。

横向き寝姿勢専用枕「YOKONE」。睡眠時&起床時の肩痛・肩こりを軽減。

横向き寝専用枕「YOKONE2」

「YOKONE」は、睡眠改善インストラクターの資格を有する「竹田氏」が長年の研究の結果として、生み出した 横向き寝姿勢専用枕です。

「睡眠時の肩の痛み・肩こり」だけでなく、「いびきの改善」に効果的な専用枕として、現在までに「800媒体以上」の メディア(テレビ・新聞・書籍など)で紹介され続けている話題の睡眠アイテム(枕)。

日本だけでなく、海外(ニューヨーク)にも進出。注目されています。

「YOKONE」は、公式HPのみで販売されている限定アイテム。

下記より、公式HPを訪れていただければと思います。

*価格:¥19,440円(税込)

横向き寝姿勢による肩の痛みを改善するポイント!「クッション性のある敷布団」の活用。

日常生活習慣によって、すでに巻き肩となってしまっている人は、基本的にストレッチにより、巻き肩を改善していく のが第一歩となります。ここでは、寝姿勢(横向き寝姿勢)に伴う、肩の痛みに関して記してみたいと思います。

まず、固すぎる敷布団(マットレス)を利用している場合に横向き寝姿勢でいると、自重による肩への圧迫刺激が 強く加わることとなります。また、多少は体のラインに対して、敷布団が沈み込み、追随してくれることが必要なの ですが、固すぎる敷布団では、追随性が無く、肩への痛みを生じさせる要因となります。

逆に柔らかすぎる敷布団(マットレス)で横向き寝姿勢となっていると、巻き肩を創出する要因となることが あるんですね。その結果、肩周辺の神経圧迫などによる肩の痛みを感じることとなってしまうのです。

そこで、横向き寝姿勢をする上で重要視することとなるのが「クッション性と高反発機能を併せ持った敷布団(マットレス)」 を活用する ということ。これが肩の痛み改善の第一歩です。

高反発力を持った機能性敷布団(マットレス)は、横向き寝姿勢に 対しても寝返りを促す働きをしてくれます。「仰向き寝姿勢」と比較すると、「横向き寝姿勢」のほうが、 寝返り回数を多く必要となります。同じ方向で横向き寝姿勢を続けていると、様々体部位の歪みが生じることと なりますので。

これは、仰向き寝姿勢の人にも共通となる要素。寝返り回数不足が、肩周辺の筋肉硬直・血流不足を生む要素となり、 その結果、肩の痛みを感じることに繋がるからです。睡眠時の肩の痛みを軽減するために、まずは高反発敷布団の活用 なのです。

また、横向き寝姿勢時の「肩・腕の痛み」を軽減するのに効果的な「枕(横向き寝姿勢専用枕)」に関しては、こちらの記事(睡眠&起床時の腰痛!敷布団(マットレス)との相性を見直しを。)中の情報もご参考にしていただければと思います。

「主に横向き寝姿勢」である人及び「睡眠中に肩・腕の痛み・痺れ、背中の痛み」を感じている人に適した機能敷布団(マットレス)。『エアツリー』

エアツリーマットレス

”エアツリーマットレス| Air Tree”の最大の特徴が頭部・背中・腰・臀部・脚部 それぞれで加わる体重が異なることに対して、それぞれの部位に対応するマットレスの硬さ&クッション性に違いを持たせている「硬さの 可変構造」です。。

睡眠中に”肩の痛み””腕の痺れ”を感じる方にとっては、マットレスのクッション製(柔らかさ)がとても大切な要素と なるもの。しかし、マットレス全体が柔らかいと寝姿勢が上手く保てず、安眠が得られないという方も少なくないものです。

そんな方にとって 『部位毎に適切な硬さを設定』している特殊構造のエアツリーマットレスは効果的なアイテムとなる可能性があります。

部位毎に硬さが異なることが、どのような有効性があるのかに関しては、こちらの情報(公式SHOP)をご参照していだたければと思います。

そんな特性を創出しているのが独自に開発したマットレスの「エアツリーカッティング」です。 エアツリーカッティングは木々のような独自の形にて、流動的に身体の圧迫感を緩和 また全体の凹凸構造が身体に沿って バランスの良い寝姿勢を保持してくれます。

横向き寝の方に最適な高反発マットレス!「Air Tree」

睡眠時に肩の痛みや腕の痺れを感じることが多い方は、ぜひ上記記事もご参考にしてみていただければと思います。

商品名称 エアツリーマットレス| Air Tree
敷布団(マットレス)の機能性 体圧分散機能
主な敷布団(マットレス)素材 オープンセル・ウレタンフォーム
敷布団(マットレス)の厚み 8cm
商品購入先(公式SHOP) 商品詳細・購入はこちら(公式SHOP)

睡眠中の身体の痛み&敷布団に関する情報CONTENTS!

睡眠中に背中が痛い!睡眠時の「腰痛・背中痛」と「寝具」との関係。
睡眠&起床時の腰痛対策!マットレス(敷布団)との相性を見直しを。
睡眠・起床時に感じる背中の痛み!7割以上の方が「寝返り不足」が要因に。
起床時に生じる腕の痺れ!「寝姿勢」「首姿勢」
睡眠中&起床時に感じる肩の痛み!肩痛を軽減する「敷布団」「枕」
※腰痛軽減※おすすめ「機能性敷布団」ランキング!【口コミ検証】
見逃せない肩こり・肩痛・頭痛の要因!パソコン・スマホによる「VDT症候群(IT眼症)」
肩こり・首こりを解消!人気の機能性枕特集&枕ランキング
足のむくみ対策!良質な睡眠が足のむくみを解消する要素に。
睡眠時の腰痛・背中痛・腕の痺れを軽減するために「マットレスの硬さ」を意識してみましょう!

睡眠中の身体の痛み(腰痛・背中痛・腕の痺れ)&敷布団の関連記事。

睡眠&起床時の腰痛!

睡眠&起床時の腰痛

睡眠時に腰の痛みで、目が覚めてしまったり、起床時に腰痛を感じて、なかなか起き上がることが出来ない ・・そんな方も少なくないのではないでしょうか。ここでは、「睡眠と腰痛」に関した、各種情報をご紹介 いたします。

特集ページはこちら

睡眠時の背中の痛み!

睡眠時の背中の痛み

睡眠時の背中の痛みを感じるときには、「身体的疾病」によるものと「敷布団との相性悪さ」に起因するも のの2種類があるようです。ここでは、睡眠時に感じる背中の痛みに関した各種情報をご紹介したいと 思います。

特集ページはこちら

起床時の手先・腕の痺れ

起床時の手先・腕の痺れ

起床時に「腕全体の痺れ」や「手先の痺れ」を感じることが時折あるという場合には、早々に寝具( 枕・敷布団)の見直し・買い替えが必要となることも。ここでは、起床時に感じる手先の痺れ&腕の痺れ に関する情報をご紹介。

特集ページはこちら

睡眠による肩の痛み!

睡眠による肩の痛み

慢性的な肩の痛みは、睡眠姿勢の悪さによってもたらされているケースもあるものです。特に、敷布団の 硬さ(追随性の有無)や枕の高さが不適切となっていることも。ここでは、起床時に感じる方の痛みに 関する情報をご紹介。。

特集ページはこちら