睡眠時の体の痛み

睡眠時の背中の痛みなどに関する各種情報。

自分の身体特性に合わせた敷布団・枕選びが大切に。!

  1. 身体を癒す敷布団・マットレス
  2. 睡眠中に背中が痛い!睡眠時の「腰痛・背中痛」と「寝具」との関係。

睡眠&起床時の腰痛!

睡眠&起床時の腰痛

睡眠時に腰の痛みで、目が覚めてしまったり、起床時に腰痛を感じて、なかなか起き上がることが出来ない ・・そんな方も少なくないのではないでしょうか。ここでは、「睡眠と腰痛」に関した、各種情報をご紹介 いたします。

特集ページはこちら

睡眠時の背中の痛み!

睡眠時の背中の痛み

睡眠時の背中の痛みを感じるときには、「身体的疾病」によるものと「敷布団との相性悪さ」に起因するも のの2種類があるようです。ここでは、睡眠時&起床時に感じる背中の痛みに関した各種情報をご紹介したいと 思います。

特集ページはこちら

起床時の手先・腕の痺れ

起床時の手先・腕の痺れ

起床時に「腕全体の痺れ」や「手先の痺れ」を感じることが時折あるという場合には、早々に寝具( 枕・敷布団)の見直し・買い替えが必要となることも。ここでは、起床時に感じる手先の痺れ&腕の痺れ に関する情報をご紹介。

特集ページはこちら

睡眠による肩の痛み!

睡眠による肩の痛み

慢性的な肩の痛みは、睡眠姿勢の悪さによってもたらされているケースもあるものです。特に、敷布団の 硬さ(追随性の有無)や枕の高さが不適切となっていることも。ここでは、起床時に感じる方の痛みに 関する情報をご紹介。。

特集ページはこちら

一般的な身体の痛み「腰痛・背中痛・肩の痛み・腕の痺れ」に潜む2つの要因。

身体の痛み

医学の進歩は目覚ましく、様々な疾病の要因が判明してきたり、その対処方法も確立されてきています。高度医療は今後も益々 発展していくのでしょうね。反面、そんな医療技術の進歩があっても、案外ありきたりな身体症状に関して、その仕組み・要因など が明らかとなっていないものも少なくありません。そんな要素のひとつが「腰痛・背中痛・肩の痛み」などです。

これらの症状はとても一般的なもので、大半の人々が一度は体験したことがある症状ではないでしょうか。これらの要素は、要因 が明瞭となっているものも存在しているのですが、様々な原因によって、もたらされる身体症状であることがわかっています。 ゆえに、その全容がなかなか把握しきれていない・・それが実情なんですね。例えば「腰痛」などもレントゲン検査などで、 明瞭に炎症・腰椎のズレ・神経圧迫が確認できるものもあるのですが、実は大半が検査などによっては、目に見える要因が 無い・・要因となるものが見つからないと言われています。

誰しもが感じることのある症状で、深刻さが薄いと思われているものほど、その全容はわかっていない・・そんな傾向がある かもしれませんね。このような「腰痛・背中痛・肩の痛み・腕の痺れ」といった症状に関して、一般的な要因の他に、注意して おかなければいけない要因が2つ存在しています。それが「身体内部の重大な疾病の存在」「寝具(枕・敷布団)との適正及び寝姿勢の課題」です。

基本的に、睡眠に関わらず活動中に感じる「腰痛・背中痛・肩の痛み・腕の痺れ」の中には、身体内部に潜んでいる重大な疾病が要因となって引き起こされているものがあることは、常に念頭にしておきたいもの。脳・心臓・腎臓・肝臓といったとても重要な臓器に何かしらの異変があったときに、腰痛・背中痛・肩の痛み・腕の痺れといった症状が現れてくるケースがあります。ですから、そんな症状が現れた時にまずは、身体内部疾病の有無を見極めておくことが必要なのかもしれませんね。

また、睡眠学の研究が進むにつれて、「腰痛・背中痛・肩の痛み・腕の痺れ」が睡眠中の課題(寝姿勢、寝具との相性など)によってもたらされているものも多々存在していることがわかってきています。特に、日中はあまり感じることはないものの、睡眠時及び起床時に、腰痛・背中痛などを感じるというケースでは、睡眠に関する課題が大きな要因となっているものです。当サイトでは、『睡眠と腰痛・背中痛・肩の痛み・腕の痺れなどの症状(寝具と身体の痛み)』に関する各種情報をご紹介いたします。

睡眠時の身体の痛み(腰痛・背中痛み・腕の痺れ)と最も関連性の高い寝具が「敷布団」!

寝具には、枕・掛布団・毛布・敷布団といった要素がありますが、睡眠時の身体の痛みと最も密接な関係性があるのが 「敷布団」です。基本的に多くのケースで、不適切な敷布団を使用している(寿命の過ぎた敷布団を活用・身体特性に 適していない敷布団を活用)ことが体の痛みを招く要因となっているものです。 実際、昔ながらの敷布団(特別な機能を有していない敷布団)を使用していた人が、近年主力となってきている 『機能性敷布団(主に高反発機能+体圧分散機能を有する敷布団)』に買い替えただけで、それまで感じていた 睡眠時の身体の痛みがなくなった(大きく緩和された)と感じる人も多いもの。

ここまで、いかに、敷布団へ対する機能性への意識が薄かったか・・ということが現れているのかもしれませんね。 暖かさを保持するといった目的で「羽毛布団」などの掛布団には、意識(こだわり)を持っている人も多く存在 していたものと思いますが、これからは「身体の痛みを無くす」「安眠を得る」ために敷布団に対する意識(こだわり) こそが大切であることを忘れないようにしていただければと思います。

体の痛み(背中痛、腰痛)&安眠阻害の要因となる「寝返り下手」と「マットレスの硬さの不適合」!

睡眠中に生じる体の痛み(背中痛、腰痛、肩こり、首こりなど)や安眠が出来ず、中途覚醒してしまうなどの要因のひとつとなるのが 「寝返り下手」と「敷布団・マットレスの硬さが自分の身体特性(体格)に適していない」という要素です。 ”寝返り下手”を解消する上で、「高反発力」が有効な要素に。また、”マットレスの硬さの不適合”に対しては、 「異なる硬さが選べる敷布団・マットレス」が効果的な要素となるもの。詳細は、それぞれ下記ページをご参照いただければと思います。

高反発マットレス特集!高反発マットレスを効果的に活用するためのおすすめ使い方ポイント
腰痛対策&安眠を得る上で大切な「硬さ感」!心地よく感じるマットレス・敷布団の硬さを選びましょう!

敷布団には、5年の寿命(目安)!があることを認識しておきましょう。

睡眠時に身体の痛みを感じている人の多くが、機能性の無い敷布団を使用していると言われています。 睡眠の研究が進む中、わかってきたのが日本で生活する人々にとって、敷布団には、「高反発機能」と 「体圧分散機能」の2つの機能性がとても大切な要素となっているということ。ゆえに、就寝中の体の痛み を感じているのであれば、まずは近年主力となっている、高反発機能+体圧分散機能を有する敷布団 を活用することが最初の一歩となるものと思います。

また、掛布団にはこだわりを持っているものの、敷布団にはあまり意識を持っていない・・という方も 少なくないもの。寝具の中で敷布団の寿命は最も短いことをご存じですか?。一般的な敷布団であれば、 寿命は約5年が目安となるものと言われています。5年を超えた敷布団は、仕立て直すか、もしくは 買い替える必要があるということ。体の痛みを感じている方の多くが、寿命を超えた敷布団を使用しているとも 言われていますからね。

就寝中に感じる体の痛み(腰痛、背中痛など)は、血行不良を招いたりと徐々に他の疾病を招く要素となって しまうことがありますが・・なんといっても、「良質な睡眠が妨げられてしまう」ことが一番の災いとなって しまうのではないでしょうか。安眠を得ることは、心と身体の健康を保つ上で最も大切な出来事。ゆえに、 ちょっとした睡眠中の体の痛みであっても、それをほっておくことは、健康を害すための第一歩となって しまうもの。機能性敷布団の活用が望まれます。

睡眠時の痛み症状に適した機能性敷布団!「横向き寝姿勢、肩・腕・背中の痛み」「仰向き寝姿勢、腰の痛み」

睡眠時の体の痛みや寝姿勢傾向から、痛み症状改善に適した機能性敷布団をご紹介しておきたいと思います。何故、そのような機能性敷布団が適しているのか・・といった仕組みなどに関しては、こちらの機能性の高い敷布団・マットレス情報のページをご参照いただければと思います。 具体的には、睡眠状態・睡眠時の痛み種類によって、2つに分類。「主に横向き寝姿勢」である人及び「睡眠中に肩・腕の痛み・痺れ、背中の痛み」を感じている人に適した高反発機能敷布団(マットレス)と「主に仰向け寝姿勢」である人及び「睡眠中の腰の痛み」を感じている人に適した高反発機能敷布団がありますので、それぞれの症状・状態に沿ったアイテムをご利用いただければと思います。

「主に横向き寝姿勢」である人及び「睡眠中に肩・腕の痛み・痺れ、背中の痛み」を感じている人に適した高反発機能敷布団(マットレス)。『雲のやすらぎ』

雲のやすらぎ

日本の寝具メーカーが日本人・日本で生活する人々のためにと研究・開発した機能性敷布団が「雲のやすらぎ」です。 ゆうに、日本の生活環境や生活習慣への配慮が行き届いた商品となっています。しっかりと体を支え、寝返りを補佐し てくれる高反発力機能を有していながらも、雲の上に寝転んだような優しさを感じるのが特徴。それを実現している のが、「17cm」という、しっかりとした厚みを有した、異なる特性を持つ5層構造です。

この特性が、主に横向き寝姿勢時の「肩・腕への負担を軽減」してくれるんですね。肩や腕の形に敷布団が追随してくれ ることで、圧迫負担を少なくしてくれるのです。雲のようなフワッとした追随性が「横向き寝姿勢」「肩・腕の痺れ」「背中の痛み」を引き起こしにくくしてくれる要素に。

商品名称 体圧分散機能敷布団「雲のやすらぎ」
敷布団(マットレス)の機能性 高反発力機能、体圧分散機能
主な敷布団(マットレス)素材 アルファマット、高反発スプリングマットなどの5層構造。
敷布団(マットレス)の厚み 17cm
商品購入先(公式SHOP) 商品詳細・購入はこちら(公式SHOP)

「主に仰向け寝姿勢」である人及び「睡眠中の腰の痛み」を感じている人に適した高反発機能敷布団(マットレス)。『モットン』

モットン

「仰向け寝姿勢」では、主にしっかりと体を支えてくれること(適切な身体形状を維持してくれる)及び適度な寝返りをスムーズに行えることが、敷布団(マットレス)に求められる必須要素となります。 この2つの要素が欠けてしまうと、「睡眠中に腰の痛み」を生じることに繋がってしまうんですね。そんな2つの要素を 満たしている高反発機能敷布団(マットレス)が「モットン」です。

モットンは、高反発機能敷布団(マットレス)の中でも、あまり沈み込みが大きくならずに、体の適切な曲線をしっかりと維持してくれる・・そんな特徴があります。同時にその支持力と高反発力が寝返りを上手く補助してくれることから、 適切な寝返り回数が確保できるとともに、局所的な腰の痛みなどを解消してくれるのです。

商品名称 高反発マットレス「モットン」
敷布団(マットレス)の機能性 高反発力機能、体圧分散機能
主な敷布団(マットレス)素材 高反発ウレタンフォーム。(特殊高発泡構造、主素材としては、単層マットレス)
敷布団(マットレス)の厚み 10cm
商品購入先(公式SHOP) 商品詳細・購入はこちら(公式SHOP)

体の痛みを和らげてくれる人気の「機能性」敷布団&マットレス。

機能性敷布団「雲のやすらぎ」:高反発力機能+体圧分散機能。

機能性敷布団「雲のやすらぎ」

体を優しく包み込んでくれるような癒しの感覚が好みの方におすすめの機能性敷布団(マットレス)です。 敷布団感覚で活用したい人に適しています。

【素材】アルファマット、高反発スプリングマット
【厚み】17cm

詳細はこちら。(公式SHOP)

機能性マットレス「モットン」:高反発力+体圧分散機能

機能性マットレス「モットン」

しっかりと体を支えてくれる感覚が好みの方に適した高反発マットレス。どちらかというと、通気性良く すっきりとした寝姿勢を好む方におすすめ。

【素材】高反発ウレタンフォーム(高発砲構造)
【厚み】10cm

詳細はこちら。(公式SHOP)

機能性上敷きマットレス「エアウィーヴ」:高反発力機能。

機能性上敷きマットレス「エアウィーヴ」

基本的に他の敷布団・マットレスと組み合わせての利用が条件となる「上敷きタイプ」のマットレスです。 仰向き寝姿勢の人が対象となります。

【素材】エアウィーヴ素材(網目繊維構造)
【厚み】3cm・5cm

詳細はこちら。(公式SHOP)

機能性マットレス「マニフレックス」:高反発力機能。

機能性マットレス「マニフレックス」

ベッド用の単体マットレスを探している人に適した機能性マットレス。やや日本の生活環境適正に 欠けますが、寝返りを補佐機能の高いマットレスです。

【素材】高反発ウレタンフォーム(微細穴加工構造)
【厚み】11cm~23cm

詳細はこちら。(公式SHOP)

話題となっている新しい乳酸菌「LS1」!口内細菌を積極的に削減。歯周病ケアに。

近年、乳酸菌革命と言えるほど、乳酸菌に関する各種研究が推進されています。そんな中、近年最も大きな話題・注目を集め、 関連商品の生産が追い付かないといった社会的な現象を起こしているのが、『LS1』という乳酸菌です。 何がそれほどまでもの大注目を浴びることとなったかというと、LS1がいままで積極的な対策が少なかった”歯周病”の抑制 に、寄与する働きがあることが発表されたからなんですね。

乳酸菌といっても、多種多様な種類が存在しており、まだまだ未知なる乳酸菌も多数存在しているものと言われています。 そんな中、口内細菌環境の改善に働きかけを有する乳酸菌として、新に発見されたのが「LS1」であり、2016年になって、 LS1を活用した関連商品が開発・販売されるようになりました。LS1を摂取するだけで、虫歯や歯周病を抑制する・・ そんな可能性に期待とともに、メディアでLS1の特性が大きく取り上げられたこともあり、関連商品が瞬く間に完売。 入荷に半年以上待ちといった現象も生じていたようです。

生産体制もようやく需要に追い付いてきたようで、まだ若干購入の困難さもあるようですが、現在高い支持を得ているのが 下記の「乳酸菌LS1」商品です。口内細菌は就寝中に最も増殖するものなんですよね。朝起きたときに、口の中がねばついている のは、口内細菌が増殖している証なのです。この乳酸菌LS1を就寝前に舐めるように摂取することで、就寝中の細菌増殖ケア となります。口臭・虫歯・歯周病などのお悩みを抱えている方は、ぜひ毎日の歯磨き習慣にプラスして、乳酸菌LS1を 活用してみてはいかがでしょうか。


日常的な布団(掛布団・敷布団)のお手入れの目的とは!「水分の除去」&「ダニ繁殖防止」

布団のお手入れ

ほとんど行っていない人も中には、いるようですが(笑)・・布団干しなど日常的な寝具(掛布団・敷布団)のお手入れは 多くの方が行っているものと思います。そんな布団のお手入れをする上で、効果的なメンテナンスをすめためには、 きちんと「布団のお手入れの目的」を意識した上で行うと良いものです。具体的に、布団のお手入れには、2つの目的が あります。それが「水分の除去(放湿)」と「ダニの繁殖防止」です。

人は睡眠中、主に「呼吸」と「発汗」という形で平均約500ml、多いときには1リットルも水分を発散させています。 発汗だけでも、コップ一杯(180cc)以上の水分量が失われていると言われています。この発汗による水分の大半が 寝具(掛布団・敷布団・枕)に吸収されていくこととなるんですね。毎日、180cc程度の水分が寝具に付加されていく わけです。一週間も経過すれば、布団の中に1リットル以上の水分が付加されていることに。

そう考えると、布団干しをせずに一週間も過ごしていたら、寝心地がわるくなるのも納得といった感じですよね。 この水分は、「寝心地の悪さ」だけでなく、「カビの発生」を招く要因となります。通気性能が高い 「網目繊維構造の敷布団」を除いて、他の素材で作られている敷布団・・特に、「ウレタン素材(高反発・低反発・普通ウレタンフォーム)」は、通気性が低く、水分を保持してしまう(水分発散性能が低い)傾向があります。 ゆえに、ウレタンフォーム素材を使用している敷布団・枕・マットレスは、「布団干しのお手入れ」頻度を多めに することが大切なんですね。

次に「ダニの繁殖防止」は、近年アレルギーによる各種疾病が増加傾向となっている中、重要視される要素となって きました。寝具に宿る大半のダニは、「人のフケや皮膚カスなどの老廃物」をエサとして繁殖しています。 ゆえに、肌が露出している面が多い部位(頭部、首回り、手足など)でエサが多くなることから、 ダニの繁殖も増すことに。枕及び頭部・首周りの敷布団部位にダニが多く繁殖しているのです。 ダニを退治・ダニの繁殖を抑えるために「太陽の陽射し(紫外線)」による布団干しが有効となります。

ただし、覚えておいていただきたいのが、布団干しによって、ダニ退治が出来るのは布団表面部位のみであるという こと。多くのダニが布団内部に生息していることから、正直、一度の布団干しでダニ退治できるのは、わずかなのかも しれないということです。でも、布団干しには、水分除去という効果があり、布団を乾燥状態とすることが、 ダニの繁殖を抑える要素ともなりますので、継続的に布団干しのお手入れをすることで、ダニの繁殖をある程度抑制できる こととなります。とはいえ、念頭にしておいていただきたいのが、1年に一度か二度程度(季節の変わり目などに) は、専門業者に依頼しての「布団(敷布団・掛布団)の丸洗い」がダニ退治の最善方法となること。天日干しだけでは、ダニ退治が出来ないことは、こちらの記事天日干し&掃除機でも布団のダニは死なないなどもご参考にしてみていただければと思います。

睡眠中の身体の痛み&敷布団に関する情報CONTENTS!

睡眠中に背中が痛い!睡眠時の「腰痛・背中痛」と「寝具」との関係。
睡眠&起床時の腰痛対策!マットレス(敷布団)との相性を見直しを。
睡眠・起床時に感じる背中の痛み!7割以上の方が「寝返り不足」が要因に。
起床時に生じる腕の痺れ!「寝姿勢」「首姿勢」
睡眠中&起床時に感じる肩の痛み!肩痛を軽減する「敷布団」「枕」
※腰痛軽減※おすすめ「機能性敷布団」ランキング!【口コミ検証】
見逃せない肩こり・肩痛・頭痛の要因!パソコン・スマホによる「VDT症候群(IT眼症)」
肩こり・首こりを解消!人気の機能性枕特集&枕ランキング
足のむくみ対策!良質な睡眠が足のむくみを解消する要素に。
睡眠時の腰痛・背中痛・腕の痺れを軽減するために「マットレスの硬さ」を意識してみましょう!

敷布団・マットレスに関する記事カテゴリー

日本に適した高反発敷布団!

高反発敷布団

睡眠時に身体の痛みを生じる一番の要因は、「寝返りが上手く行えていない」ことと言われています。 そんな寝返りをスムーズに行えるように補佐してくれる機能が「高反発力」。ここでは、そんな高反発力機能を 有している敷布団・マットレスをご紹介いたします。(高反発力機能の特性など)

「日本に適した高反発機能の敷布団」の特集ページはこちら

痛みを軽減する体圧分散機能

体圧分散機能

体の局所部分に痛みを生じさせる要因となるのが「圧迫力」。敷布団が硬いと自分の体重によって、局所的な痛み を生むこととなります。そんな圧迫痛を無くすためには、敷布団に加わる体重を上手く分散させる体圧分散機能 が有効。そんな体圧分散機能付き敷布団をご紹介。(体圧力分散機能の特性など)

「痛みを軽減する体圧分散機能敷布団」の特集ページはこちら

課題の多い低反発マットレス

低反発マットレス

主に諸外国(北欧など)で誕生、高いシェアを誇っているのが低反発マットレスと呼ばれるものです。低反発ウレタン を素材に使用しているもので、一年を通じて低湿度で気温変化の少ない地域に適しています。そういう意味で高温多湿 &低温乾燥の環境変化がある日本には不向きな点が。低反発機能の情報。

「課題の多い低反発マットレス」の特集ページはこちら

厚みのある敷布団を選ぼう!

厚みのある敷布団

基本的に、体の形状に沿って敷布団が追随することが、身体の痛みを作らないポイントとなるもの。そういう意味 で、「敷布団の厚み」はとても重要な要素となります。厚みのある敷布団はヘタると言われたりしますが、それは 薄い敷布団も同じこと。「敷布団の厚み」に関連した機能性の情報をご紹介。。

「厚みのある敷布団の優位性」の特集ページはこちら。。

夏夜に適した敷布団!湿気と熱対策

夏夜に適した敷布団

夏夜に安眠を得るためには、就寝時及び就寝直後の寝室環境(気温と湿度)がとても大切な要素と なります。また、就寝中も身体から発せられる「熱と水分」を上手に発散させることが重要な要素に。 ここでは、夏夜に快適な睡眠を得るための要素をご紹介いたします。

「夏夜に適した敷布団!湿気と熱対策」の特集ページはこちら。

フローリング床に適した機能性敷布団

人気の敷布団

畳床とフローリング床では、特性が大きく異なるもの。現代住宅の居室の多くがフローリング床 となっています。そんなフローリング床に直置きの形で使用する敷布団に求められる機能性・条件 及びフローリング床に適した、おすすめの機能性敷布団をご紹介いたします。

「フローリング床に適した人気敷布団」の特集ページはこちら。

サイズ(シングル・ダブル)で比較!

サイズ(シングル・ダブル)で比較

敷布団のサイズ(シングル・ダブル)で比較したときに、おすすめとなる人気の高反発敷布団 (マットレス)をご紹介。敷布団のサイズによって、必要となる要素にも違いが存在するもの。 敷布団の活用方法(活用状況)と合わせて、シングル・ダブルごとに商品紹介。

「敷布団サイズ(シングル・ダブル)比較」の特集ページはこちら

腰痛軽減に役立つ敷布団ランキング!

ランキング

日本において、腰痛軽減に有用な「高反発機能」「体圧分散機能」を有している機能性敷布団 ・マットレスの人気(知名度)ランキングです。それぞれ異なる特性を有している商品を厳選。 市場シェア及び知名度といった要素からランキング形式で商品紹介をしています。

「腰痛マットレス&敷布団ランキング」の特集ページはこちら。

冬夜に適した敷布団!布団の保温性

布団の保温性

冬夜は、なんといっても暖かさ確保することが、安眠を得るための重要なポイントとなります。 そのためには、布団内部の熱をいかにして逃がさないか・・布団の保温性が大切な要素に。布団内部 の熱(体温など)の大半は、敷布団から逃げていくことがわかっています。

冬の寒い季節に暖かく寝るための布団の使い方・選び方の特集ページはこちら。

「布団たたき」の正しい使い方とは。

「布団たたき」の正しい使い方

定期的な布団干しは、快適で健康的な睡眠を確保する上でとても大切な要素ですよね。そんな 布団干しをする時に昔から重宝されているアイテムが「布団たたき」です。多くの方が利用している ものと思いますが・・。実は、案外、間違った使い方をしている人が多いようなんですね。 正しい使い方とは?!

「布団たたき」に関するお話の特集ページはこちら。

ベッドと敷布団の異なる特性。

ベッドと敷布団

寝具を選ぶときに、なんとなく、ベッドを購入したり、敷布団を選んでいたりしていませんか? 実は、「ベッド」と「敷布団」には、それぞれ異なる特性(メリット・デメリット)があって、 健康・身体に異なる影響が存在しているものなのです。まずは特性の違いを認識した上で、寝具 選びを。

「ベッド」と「敷布団」の特性の違いの特集ページはこちら。

おすすめの敷布団「セミダブル」!

おすすめの敷布団

睡眠はとても繊細な要素とも言えるものです。ちょっとした外部からの刺激によって、睡眠が 阻害されたり、眠りが浅くなってしまうものなんですよね。実は、敷布団・マットレスの「横幅」 サイズも安眠を得る上でとても大切な要素となっています。そんな「安眠と敷布団サイズ」に関する お話です。

安眠のためにおすすめのセミダブル敷布団の特集ページはこちら。

通気性の高い敷布団&マットレス!「湿度の高い季節に安眠を得るための敷布団」

高湿度

季節変化に富んでいる日本は、自然環境に合わせた生活を心がけることがとても大切な要素となっています。 そんな中でも「6月~9月」の季節は、湿度によって敷布団・マットレスが損傷を受けやすい季節に。 安眠を得る上でも、「湿度対策」は寝具にとってとても大切な機能要素となります。

通気性の高い敷布団&マットレスの特集ページはこちら!

記事カテゴリー

寝室に関する「風水」情報!

寝室に関する「風水」

心と体の癒しを促す睡眠を得るための空間(寝室)は、居室の中でも、最も風水環境を整えておきたい お部屋のひとつです。生活行動するための空間と異なり、寝室ならではの、必要な環境要素があるもの。 ここでは、寝室に関した各種風水要素をご紹介いたします。

特集ページはこちら

腰痛&腕の痺れと敷布団情報

腰痛&腕の痺れと敷布団

就寝時(起床時)に感じる、背中の痛み、腰痛、腕の痺れなどは、身体状態(疾病)を表すサインであっ たり、敷布団や枕との相性の悪さを示す要素ともなっています。ここでは、睡眠時に感じる身体的痛み 及び敷布団・枕との相性に関する各種情報をご紹介いたします。

特集ページはこちら

機能性敷布団&マットレス情報

機能性敷布団&マットレス

寝具(敷布団・マットレス・枕)は、生活環境(国・地域・自然環境)によって、求められる機能などが 異なるものです。ここでは、日本の生活環境を考えた時に、必要となる各種機能性及び適した敷布団・ マットレス等の各種商品情報(特徴など)をご紹介いたします。

特集ページはこちら

安眠・睡眠に関する各種情報!

安眠・睡眠に関する各種情報

科学の発達とともに、睡眠学も進歩。睡眠に関しても様々な要素が明らかとなってきました。近年では、 睡眠の実態が見えてくるとともに、睡眠に関連した新たな疾病なども明らかとなってきています。ここでは 、そんな睡眠・安眠に関連した様々な情報をご紹介いたします。

特集ページはこちら